シャッターの鍵交換・修理の費用やDIYの注意点

電話番号

シャッターの鍵交換・修理をお考えですか?

シャッター鍵交換

鍵が回らない等、調子が悪くなったり、鍵を紛失した倉庫や車庫、ガレージや物置などのシャッターでお困りですか?

手動シャッターの鍵や軽量電動シャッターの点検口の鍵、三和シャッター製の軽量電動シャッターの手動開閉時に使用する手動切り替えの鍵、電動シャッターの押しボタンスイッチの鍵、手動オーバードアの鍵、三輪シャッター製のオーバースライダーの鍵、文化シャッター製のオーバースライダーのレバーハンドル付き鍵などシャッター回りの鍵全般に対応しています。

シャッターの鍵交換や修理にかかる費用について知りたいという方の為に鍵屋レオンテの交換・修理料金についてご紹介致します。

また、自分で交換する時の注意点についてもご紹介致します。

目次

GW・お盆・年末年始も営業している鍵屋レオンテの電話番号

シャッターの鍵交換・修理費用について

シャッターと鍵

シャッターの鍵交換や修理にどの程度の費用がかかるのか。

シャッターの鍵の種類や状態などによって作業が異なる為、業者へ依頼した際、基本的に現場での見積もりになります。

その為、費用を知るには業者の方にシャッターがある場所まで来てもらわなければなりません。

料金相場を知らなければ高額な費用を請求されていても気づかずに支払ってしまう可能性があります。

ここでは、鍵屋レオンテの料金についてご紹介致します。

シャッター錠の交換費用

シャッター錠の取替工事を行う場合の作業料金として、11,000円(税込)~16,500円(税込)と、新しいシャッター錠の部品代を合わせた金額になります。

シャッター錠の修理費用

軽作業や鍵抜きを行う場合の作業料金として、8,800円(税込)~16,500円(税込)、中作業や重作業になる場合の作業料金として、16,500円(税込)~33,000円(税込)になります。

※錠前の種類や故障状態等によって料金が変わる為、上記、シャッター錠の交換費用とシャッター錠の修理費用は概算金額です。

※交換・修理ともに正確な料金に関しては現地にて無料で行います。

DIYの注意点

自分でシャッターの鍵交換

シャッターの鍵を業者に依頼するのではなく、ご自身で付け替えられないか試してみようと思っている方も居られます。

実際に、シャッター錠の交換をDIYされている方も多く居られますが、無事に交換できる方も居られれば、シャッター錠を取り外したものの付けられなくなり業者へ依頼される方も居られます。

シャッター錠を交換する時には注意が必要な点がありますのでご紹介致します。

取り替える錠前の選定は慎重に

既存のシャッター錠のサイズや構造を確認して代替品を探さなければなりません。

古い錠前だったり、メーカーが倒産していて代替品が無い等、手に入らない時は鍵交換が出来ない事もあります。

設置する事が出来ないシャッター錠を購入しないように注意しましょう。

業者選びに迷った時は鍵屋レオンテへ

シャッター鍵の事なら鍵屋レオンテへ

シャッター錠の交換や修理を業者へ依頼した際、基本的に現場見積もりにて料金をご提示します。

業者によっては出張費がかかる場合もございますので、ご注意下さい。

鍵屋レオンテも、正確な料金に関しては現場見積もりとなります。

ただし、見積もりの際にかかる出張費や、見積もり後のキャンセル代は一切頂いておりませんのでご安心下さい。

車庫やガレージ、倉庫や物置のシャッター錠の調子が悪くて、鍵業者をお探しの時は鍵屋レオンテまでお気軽にお問合せ下さい。

GW・お盆・年末年始も営業している鍵屋レオンテの電話番号

住宅やオフィス等の鍵に関するトピック

後付け出来るおすすめ電子錠3選 認知症による徘徊防止の鍵 家の鍵紛失 シャッター鍵交換・修理
ページ上部へ